カードローンでお金を借りる方法

カードローンでお金を借りる方法

カードローンでお金を借りるなど気軽に利用できるお金の借り方をご紹介しています

有名過ぎて今更聞けないカードローン

皆さんはカードローンの意味をご存知でしょうか。 有名だからこそなかなか周りの人に今更どういうものなのか聞けないこともあります。 今回はカードローンを利用する事を考えて、しっかりとその意味について理解しておきましょう。 カードローンはその名の通り、カードを使ってのローンの事を言います。 利用限度額に関して言えば、その人の収入などによっても変わって来るので一概にいくらという事は出来ませんが、急な出費があった時でもすぐに対応できる位の金額の借り入れが出来るので、多くの人が利用しているサービスです。 担保も保証人も必要としないので、結果的に信用貸しとなってしまいます。 その為、金利が有担保の物に比べるとどうしても高めになってしまうことだけは良く理解しておきましょう。 とはいえ、金利は少し高めになってしまいますが上手な使い方もあります。 その一つが出来るだけ早く返済するということです。 金利は日割り計算されるので、返済までの日にちが長くなればなるほど利息が重くのしかかってくることになります。 それを防ぐためにも、まずは計画をしっかり立て、その計画通りに返済するだけではなく、繰り上げ返済が出来そうだったらそれを行うようにしましょう。 また金融機関によっては初回利用に限り金利ゼロキャンペーン等を行っている事も有ります。 出来るだけお得に借り入れたいと思ったら、キャンペーンを行っているところに申し込みするのもお勧めです。
私はこちらのサイトを参考にしました!

キャッシングカードと銀行カードローンの違いを知って賢く使いこなそう

一般的にキャッシングカードといえば、消費者金融や信販会社など貸金業者が発行する貸付専用のカードを指します。 これに対して銀行カードローンとは、銀行が取り扱うカードを使ってATMで気軽にお金が借りられるシステムです。 キャッシングとは借り入れを意味し、ローンとほぼ同様の意味で、両者は審査を受けたうえで、あらかじめ定められた一定の利用額の範囲内で、ATMを使って自由に借り入れができるシステムという点では共通しています。 では、違いはどこにあるかといえば、やはり、貸し付ける業者の特質に影響を受けます。 貸金業者は貸金業法によって規制されています。 貸金業法では総量規制があり、年収の3分の1を超える借り入れは認められません。 貸金業者の中で代表的な消費者金融は、一般生活者等への金銭の貸し付けを主な業務としており、借入れの上限額は300万円程度と低く、小口融資が基本です。 これに対し銀行は銀行法に基づいて運営されており、総量規制の適用はありません。 そのため、借入れが年収の3分の1までに制限されることはありませんが、銀行独自の審査があります。 銀行は貸付業務のほか、預金の受け入れや資産運用など幅広い業務を行っているため、資金量も豊富です。 そのため、利用上限額も大きく、金利も比較的利用しやすいケースが多いかもしれません。 気軽に小口の借り入れをしたいならキャッシングカードを、総量規制を超える借り入れや収入がない主婦の方なら銀行カードローンという風に賢く使い分けるといいでしょう。 今すぐにお金借りたい方へ